« さてさてお味は? | トップページ | イタリア村続報 »

2008年6月 4日 (水)

「シ」と「ツ」

「・・・じゃ確認とりますね・・・○○システムの・・・」

と復唱しつつメモを目の前で取る多分自分より若い事務員

その「シ」が「ツ」なんだな。

・・・こりは「シ」でなくて「ツ」だに・・・

とちょっと突っ込みを入れてみたら

顔が真っ赤になって

「えぇっ!?しですよ!!」

・・・んでも「ツ」の書き方やし「ツ」に見える・・・

時々こういうのってありますよね。

別に書いている本人が悪いとは思いません

カタカナを習ったときの先生が指摘をしなかったのか

それとも先生もそう書いていたのかそれは定かではありません。

彼女も過去

「シルクロードって書いてるつもりなのに間違いにされた・・・」

らしい。

まあ普通に見たら「ツ」に見えるんだからコレはしゃあないです。

「シ」と「ツ」大丈夫ですか??

その間違いを矯正する方法は・・・

ひらがなの書き方を思い出せば簡単です。

「シ」は「し」、「ツ」は「つ」です。

「し」は上から下へおろして右上にはねる。昔はもう一つ一番上に点があったわけです。

点を一つその下にもう一つ点をつけしたから右うえにはねるのが「シ」

「つ」は横から左下にはらう。これも同様にもう一つ点が頭についてました。

点を一つその横にもう一つ点をつけて右上から左下にはらうのが「ツ」

となるわけです。

実際に書きながら説明するとよく分かるハズですが・・・

最近更新が滞りましたので

ちょっとためになることをと思いまして・・・

別に深い意味はありません。

昔はもうちょっと梅雨という時期を楽しんでいたような気もします。

ちょっと田舎でしたので裏には紫陽花が咲いてカタツムリが葉っぱの上にいて

長靴はいて舗装されていない道の水溜りにわざと入って歩きました。

その道もその後アスファルトで舗装されました。

紫陽花も今は咲いてないでしょう。

久しぶりにその辺りに行ってみるのも良いかも知れません。

今週末は「万場ごぜん」で懐石ですが

75、アルフェッタ、ジュリアTi、1750、デュエットと

いつものように最近のアルファロメオとは縁遠い我々です。

雨ふらなきゃ良いな。

« さてさてお味は? | トップページ | イタリア村続報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シ」と「ツ」:

« さてさてお味は? | トップページ | イタリア村続報 »


-天気予報コム-

最近のトラックバック